「医のもととなる文字

「医」のもととなる文字

 左の文字をご覧になったことがありますか。この字は医学、医薬、医療などで使われている「医」の文字のおおもとの文字です。

 今は簡単な「医」という字も、昔はこんなに難しい字だったんですね。

 昔の文字には形に意味があることをご存知ですか。

 この複雑な文字にも勿論、意味があります。

 左下の文字をご覧ください。左上の文字はこのように分かれているのです。

 簡単に説明すると、メスなどを用いた外科療法、針、マッサージ等を用いた物理療法、薬草、食物、薬を用いた薬物療法、それに人格的、精神的な係りを加えた行為、という意味があるのです。

 つまりは今現在の「医」という文字が意味するところの、「西洋医学」以外の行為も、昔の「医」の文字には含まれていたということになります。

それでは医療行為の全てのおおもととなる「医」の本来の意味について 、各部位に分けて詳しく解説していきたいと思います。

医

医

ページトップへ戻る

「医」の本来の意味

ページトップへ戻る

「医」のなりわい

医療行為の全てのおおもととなる「医」の本来の意味について 、まずは理解していただけましたでしょうか。

「医」のもとの字 この文字は右のように2つに分けられます。 「医」のもとの字の上部   「医」のもとの字の下部

 左の文字は、「心」を表します。人格的、精神的な面と言えるでしょう。この部分は、本来のもとの字から、先に取れて行きました。

 左の文字は、「身体」を表します。この文字からほかの3つの部位が取れ、現在の「医」の形になりました。

「医」の字の変遷

つまりは、現在の「医」は、メスを用いた外科療法の意味のみが残ってしまったということでしょう。。言い換えれば、針、マッサージなどを用いた物理療法や、薬草、食物、薬を用いた薬物療法は、東洋医学や、民間の間で継承されていったということでしょう。

「医」のもとの字の下部

「医」のもとの字の上部

「医」のもとの字の上部 肉体の治療は50% 「医」のもとの字の下部 心の治療は50%

 しかし、上の表のように2つの部分は、本来意味を持っていたものであり、それぞれの部位のみでは、病に対処できる割合は、よくても50パーセントとお考えください。

この2つの文字をうまくかみ合わせ二者の合体によって初めて100パーセントに近い対処ができることになるのです。

ページトップへ戻る

民間療法と医療の比較

  民間療法 医療
場所 家庭(生活習慣) 病院(治療院
部位 全身調整(気のバランス) 部位・局所
状態 症状 病名
期間 長期 短期
有効性 慢性 急性
医学 東洋医学 西洋医学
目的 癒す 治す

医の旧字に

対する割合

90% 10%
種類 物理療法・手技療法・食事療法・気功・ヨーガ・運動療法・気の療法・禅等(道と名の付くものなど) 病院診療科目・主に外科的治療法(手術など肉体そのものの内部におよぼす治療

ページトップへ戻る

健康とは

reath 呼吸のこと。いい息してますか?
at 食事(食持)の栄養のバランスは?歯の数に合った食事、
前歯・野菜食7/2・犬歯、7/1・臼歯、7/4・雑菌用。
動 tretch 関節の動きは?、筋肉の動きは?自律神経の動きは?
想う hink ストレスはないか?、過去の悩み(愚痴)は無いか?、
未来の想い(取り越し苦労)は?
眠 leep 安らかな眠り?、充分な眠り?、深い眠り?
環 nvironment 自分を生かす環境?、心なごむ環境?
美 eauty 生き生きとした表情?、バランスの良い体?心身の美しさ?

※七つのバランスを【BEST】に保つことがすなわち健康なのです。
(上から呼んでも下から読んでも【BEST】)→ダブルベスト
※息・食・動・想・眠・環・美は、互いに関連し、影響しあう相互性を持ち、互いに補い合う相補性のバランスを形づくります。

ページトップへ戻る